晴れの舞台には着物を!自分に合う着物レンタルの方法

身長も考慮しよう!上手な選び方

自分に似合う色を知ろう!

着物をレンタルする際、どのように選べばよいでしょうか。
ワンピースよりも広い面積を占める着物の色は、全体の印象を大きく左右しますので慎重に選びたいポイントです。
有名人デザインの着物や直感でかわいいと思う着物を選びがちですが、それだけではいざ着付けをした時に残念な印象になってしまう場合もあります。
ここでは着物の地色にフォーカスしてみます。
まず最も気を付けたいのは、顔映りです。
普段着ている服でも顔がパッと華やかに映る色と、肌の色や雰囲気がくすんで見える色とありませんか?
そして意外に忘れがちなのが、身長や体形です。
背の高い人はシックな色や落ち着いた色を選ぶことで、よりスタイルアップ効果を狙えます。
身長が低めの人は、淡い色やキレイめな色を選ぶとかわいらしさが引き立ちます。
このように色の選び方で魅力が引き立ちますので、いくつか試して鏡から少し離れて、全体のバランスを確認してみましょう。

意外と重要!着物の柄も考慮しよう

自分の魅力を最大限に生かし、凛とした印象をつけるには自分に似合う着物選びが何より重要です。
着物の色も重要ですが同じく大切なのが柄で、実は着る人の身長によって大きく印象が変わります。
簡単に身長別に似合う柄を紹介します。
小さめさんは、可憐な小花柄や流れるように斜めに配置されたデザインなどが、小さくかわいらしい魅力にぴったりで、淡いピンクなどもとてもよく合います。
平均身長さんなら、着物全体に柄が配置されたデザインや深紅や黒のようなはっきりした地色に古典柄も素敵です。
そしてモデルのような高身長さんには、着物全体に大きな花などが大胆に配置されたデザインや身体の中心に大きな柄が来るデザインも着こなすことができそうです。
柄選びを間違うと、魅力を引き出すどころかコンプレックスを強調する着こなしになりかねません。
自分の好みと似合う柄とのバランスを大切に、楽しんで着物を選んでください。


TOPへ戻る