晴れの舞台には着物を!自分に合う着物レンタルの方法

晴れの舞台に是非着たい!レンタル着物の基本から選び方まで

レンタル着物と購入はどう違う?

着物は七五三や成人式、卒業式に冠婚葬祭と私たちの生活において身近である一方、高価で着付けが難しいイメージもあります。
着物は憧れるけど高いし管理も面倒な人には、レンタルがおすすめです。
購入するのも素敵ですが、着る度に異なる年齢やシーンに合った着物を用意するのは大変ですし、購入しても数回しか袖を通さないのはもったいない気がします。
着物のレンタル店は、専門業者や呉服店が経営しているケースがほとんどで、数百点というたくさんの着物から選べます。
和服のプロに着こなしや選び方のアドバイスももらえます。
また必要なときだけ、数日もしくは当日のみレンタルできるので、面倒な管理や保管場所の心配もなく、万一汚れたり濡れたりしても、大きな汚れでなければ問題なく返却できます。
ほぼ新品のものや有名デザイナーの着物を選べるところもありますので、流行りのデザインや色を試せるのもメリットです。

レンタルと購入ならどちらが得?

成人式などで振り袖を用意する場合、購入かレンタルか迷いますよね。
いったいどちらがお得でしょうか。
着物の値段はピンきりなので一概には言えませんが、同レベルのものを一回着るだけなら圧倒的にレンタルがお得です。
お手頃なものではフルセットで3万から5万円でレンタルできますが、購入となると帯や小物類を含めると15万円程度は必要です。
振袖は未婚女性の礼装です。
成人式以外にも結婚式や謝恩会など、機会があれば着るチャンスは意外とあるので、購入した着物でも合計3回以上着るなら、レンタルよりお得になります。
保管場所や手入れの問題はありますが自分だけのものですし、将来は子供に受け継ぐことも可能です。
ただ何度も同じデザインの着物を着ることになってしまいます。
できれば季節やTPOに合わせていろいろなものを着てみたいですよね。
数少ない機会を最大限に楽しむなら、やはりレンタル着物でいろいろな和装を楽しんでみませんか。


TOPへ戻る